着物買取 神戸

着物買取・神戸市で高額査定・高価買取ならココがいい!必見です!

「着物買取を神戸市近辺で考えているんだけれど、
何処かいい金額で買い上げてくれる質屋があったらいいなー。

 

どっちみち売ってしまう決心をした以上は、
僅かであろうと多い値段で買い取りしてもらえる買い取りのお店で買取をしてもらいたいって考えますよね。

 

着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

 

まず、身近な所に着物を買い取りしてもらえる
取扱店があるかさえも検討しないといけないし、

 

それからキャンセル料無料で、その上高値で買い取ってくれる
お店がいいとなると探すのはきついですよね。

 

手間がかからない神戸市近隣の買取屋を探すのも困難だし、
着物買取ショップへ手間ヒマかけて足を延ばして

 

無料見積りしてもらうのも時間がかかるし、あまり自由な時間無いし…。

 

そう言う手間暇を掛けないで、自宅の近くのショップを上回って
いい金額で買い上げてくれるショップがあるなら…
なんて考えてる人も多いと思います。

 

知らなかったのですが、着物買取を訪問買取のサービスで、
HPがない取扱店や相場価格と比べて、
手を煩わせることなくて多い金額で買い取りして貰える買取りのお店を探し当てちゃいました!

 

多くの買取ショップのうち、
着物の訪問買取で大人気の人気を得ている買取ショップ、見つけました。

 

決めたポイントは、鑑定時間とか支払がスピーディな買取屋で、
もしものキャンセルも0円で、

 

神戸市近辺の訪問買取なら出張料が費用が掛からない買取屋など、
たくさんの要素の中で、神戸市周辺で訪問買取の厳選した所がここですね。

 

 

自宅に来てもらって安心査定!多種・多量の買取でも楽チンです!

着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

>>自宅訪問なので、配送不要!<<

>他店で買取不可もOK!!不用品を高額買取!<

 

<選考理由>出張無料、他で買取不可の着物が売れたこと、目の前査定で安心、査定も高額で最高値レベル

 

 

神戸市辺りで訪問査定を希望なら、素早い評価で堅実な買取プレミアムがおススメ!

着物買取の買取プレミアム 

買取プレミアムは訪問買取をベースに

鉄板の無店舗化をやっているから、

 

店舗経営などでなくてはならない従業員の給与やテナント代等が
可能な限り発生しない形になっているため、
よその買取業者よりもっと高くて買い上げてくれるってことですね。

 

そして、国内や海外に充分な販売先を手にしていることから、
多い金額で買取してくれるのだそうです。

 

また、度が過ぎた広告代金を抑止して
査定金額に反映しているのも高額買取の強みの一つです。

 

さらに、高額な着物を除いた着物に関しても
いろいろと補完してる所が利点でもあり、
これらに当てはまる着物などでも、
神戸市の辺りの店舗型専門の買取店よりも多いお値段で買い取って貰えるチャンスもあり得ます。

柄や色が古い着物

サイズが合わない着物

何年も前の古くなった着物

汚れている着物

リメイク着物

10枚以上の大量の着物

使わなくなった袋帯・名古屋帯

箪笥にしまったままの付け下げ

数十年前にあつらえた訪問着

証紙、証明書がない着物

親から譲り受けた振袖・袴

シワがついてしまった着物

捨てるには忍びない着物

工芸品の着物

昔購入した着物

無名作家の着物

 

対面での訪問査定がいいと思うならば、無条件にココががお得です。
高額で買い取りして貰えることでしょう!

 

>>査定申込も簡単で高額買取も!見積もりはこちらから!<<

 

神戸市周辺の買取プレミアムの訪問買取の対応地域です

■市

神戸市市
東灘区、灘区、兵庫区、長田区、須磨区、垂水区、北区、中央区、西区

 

姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、伊丹市、相生市、豊岡市、加古川市、赤穂市、西脇市、宝塚市、三木市、高砂市、川西市、小野市、三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波市、南あわじ市、朝来市、淡路市、宍粟市、加東市、たつの市

 

■郡
川辺郡、多可郡、加古郡、神崎郡、揖保郡、赤穂郡、佐用郡、美方郡

 

 

>>着物買取なら査定申込も簡単で高額買取も!<<
>>とても優しい訪問員で手間も掛からず、オススメです!こちらから!<<

 

 

着物・振袖を売ってみての買取金額(参考買取相場価格)

着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!
着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!
着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!
着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!
着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!
着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!
着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!
着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

 

 

>>着物買取なら査定申込も簡単で高額買取も!<<
>>とても優しい訪問員で手間も掛からず、オススメです!こちらから!<<

 

 

買取プレミアムの訪問買取で着物買取をしてみての感想

 

 

着物の買取で出向いていただきましたが、それに足して他の物品も

いずれも鑑定してくれるということで、
バッグや骨董品等も算出していただきました。

 

着物とブランド品や骨董品って言ったらおのおの全く別のものだというのに、
いずれも算定を請け負ってくれるのにはちょっと処分が便利だと姉と喜びました。

 

買取に於いても近場の買取店等々だと、
相手有利の金額を決定かのように言われて鑑定される展開も大分あるんですが、

 

査定後に上司に電話で価格交渉してくれて、
とってもお得なきもちで売ることができました^^

 

訪問のときの日どりなんですが、連絡して確認したら
土日・祝祭日は予約が殺到する曜日だから、
早いうちに手配するのが一番いいかと思います。

 

エリアによって自宅訪問してもらう時の訪問日が買取依頼が多い状況もいっぱいあるということで、
自宅訪問してもらう時の日取りは数日分は選択肢を見込んでおくのがいいだろうと思いました。

 

風が強い日で悪かったけど、笑顔で来訪してくれましたよ。


 

実際に着物買取をしてもらった体験談なんですが、

変色・汚れ、摩耗、当たりキズ・スリキズの程度によっては評価金額が下がるような気がしました。

 

保存のときに変色・汚れ、摩耗、当たりキズ・スリキズを注意しないとダメなのです…。

 

そうは言っても自宅近辺の取扱店と比較してみても高値で買い取りしてもらえる場合も少なくないということなので、
買取プレミアムで無料の見積もりをしてもらうと意外とお得だと思います。


>>着物買取なら査定申込も簡単で高額買取も!<<
>>とても優しい訪問員で手間も掛からず、オススメです!こちらから!<<

 

 

着物以外にも下記の買取りも行っているので、

売れそうなものがあったらそれぞれのサイトに行って申込を!

時計買取  切手買取  酒買取   毛皮買取  着物買取
金買取   古銭買取  ダイヤモンド買取  ブランド買取

 

家にいる時間が少ない場合や人を家に上げたくない人は宅配買取もいいですよ!

訪問買取の次にオススメな宅配買取は箱詰めして送るだけです!

 

着物・振袖の宅配買取なら一押しはこちら!神戸市の近くの店舗買取より高額!

 

宅配着物買取のヤマトク 

ヤマトクは宅配買取の着物買取専門店で、

着物や振袖を手放すなら、このお店をお薦めします!

 

スゴイ有利に買い取りが可能なショップとは、
そこからいかに有利に取引が出来るかが注目点となりますが、

@鑑定ではこの世界で名の通った第一線級の鑑定士が鑑定すること
A国内や海外に豊かな人脈を持ち合わせているところから、
輸出などの方法で高水準の売買力を保有していること
Bこのお陰で沢山の会社の無料一括査定によって見積もりの値段が算定できること


これらのものが買取後の販売力を伸ばしているので、
ライバル業者と比べての見積り金額が開きが出てくる大きな注目点ということなんです。

 

低いコスト経営で店舗代金等を抑えていることも
他社と比較しての見積もり金額が差が出てくる利益率の高い部分ということですね。

 

宅配買取なんで簡単買取パックを登録申請して、もらったら荷作りしておくるのみ!

 

配達料金もキャンセルも一切料金がかからないですし、
運送保険にも入っている運送の時のヘマも買取金額が振込まれて不安や心配はいりません。

 

担当者も買取業界経験者だけという専門家のため、評価もスピーディーで、
短ければその日に振込みもOKなんてのは安心ですよね!

 

 

 

>>宅配買取希望なら、まずはこちらから簡単見積もり一括査定!<<
>>簡単買取パックを申し込んで、箱詰めして送るだけ!楽チンです!<<

 

 

着物・振袖を無料の宅配送るだけで高額査定!自宅訪問NGなら宅配買取

着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

>>振袖・着物は特に高額!<<
>>無料の宅配BOXに入れて送るだけ!<<

 

<選考理由>宅配BOX無料、配送無料、振袖・着物のキズ・汚れがあっても買取OK

 

訪問買取と宅配買取の主な特徴とメリット・デメリット|どっちを選んだら良い?

 

着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

 

「訪問買取」も「宅配買取」もこの2件は

最高値レベルの買取ショップですので、

 

査定・見積もり額は
ほぼ同等に近い
と思います。

 

あとは、買い取ってもらう数の多さや種類、
お家の環境と自分の持ち時間でどちらにするか決めちゃいましょう!

 

多種類・多くのいらないモノの
買取を一気にやりたい人

 

査定・評価はやっぱり
目の前でしてもらう方が安心!という人、

 

品物を運ぶのが難しい人は
「訪問買取」が良いでしょう。

 

アパートや1人暮らしで
自宅に上げたくない人

 

店舗に出向いたり、自宅にいる時間が少ない人
「宅配買取」がオススメです!


着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

着物買取・神戸で高額査定・高価買取ならココがいい!

 

 

着物買取で神戸市の買取店や相場価格より高く売るには?

 

着物買取を調べてみたいなというのでしたら、
着物買取を専門的に載せているネットを一番に実行しつつ、
金額比較してみると結構、得します。

 

着物買取では専門的な買取業者に
着物買取の注文をするパターンだと、
予想外にいい査定料金を出せることも普通にあったりします。

 

勿論のこと、発送に必要な必要経費は一切負担なしの買取取扱店もあり、
振り込みもスッと応対してくれるのです。

 

そして見積もり額については格段に条件の良い金額を支払われることも使える内容と言えます。

 

神戸市辺りにある店舗型のみの買取店で提示する見積り金額に比べて
いい値段で買い取りして貰えることが結構多くて、
着物買取の相場価格より少しだけ嬉しい買取ができちゃいます。

 

このような強みがたくさんあるので、
着物買取はインターネット上の販売店がおすすめなんです。

 

>>着物買取なら査定申込も簡単で高額買取も!見積もりはこちらから!<<

 

着物の種類や用語

着物の衿の形というのは、衿の幅によって違うのですが、広衿、撥(バチ)衿、棒衿の三種類があります。広衿は着物に、バチ衿は長襦袢に、棒衿は浴衣に多く用いられています。着物とTPO TPOに合った着物を知る。第一礼装とは?留袖振袖喪服略礼装とは?訪問着色無地街着とは?付け下げ小紋ゆかた基本的な考え方色無地と江戸小紋の格色無地は便利! 着物と季節 着物と四季の関係袷(あわせ)単(ひとえ)薄物季節に合った着物季節に合った帯季節に合った長襦袢季節に合った帯揚げ季節に合った帯締め季節に合ったコート・羽織夏の着物の暑さ対策夏の着物を着る時の裾よけの素材 着物と時代 アンティークとリサイクルアンティーク着物とは?リサイクル着物とは? 着物の種類 絹の着物とは?染めの着物とは?縮緬(ちりめん)丹後縮緬紋縮緬絽縮緬玉製(たませい)縮緬絹紡(けんぼう)縮緬長浜縮緬一越縮緬錦紗(きんしゃ)縮緬鶉(うずら)縮緬観光縮緬綸子縮緬綸子(りんず)絽(ろ)紋絽縞絽友禅・型染め・絞りとは?江戸小紋紅型(びんがた)絞り織りの着物とは?お召し紋お召し紬(つむぎ)結城紬上田紬飯田紬長井紬白紬久米島紬塩沢紬村山大島紬小千谷紬大島紬紗(しゃ)八丈(はちじょう)黄八丈黒八丈鳶八丈銘仙(めいせん)伊勢崎銘仙足利銘仙秩父銘仙八王子銘仙麻の着物とは?越後上布小千谷縮宮古上布八重山上布能登上布木綿の着物とは?絣木綿縞木綿片貝木綿川越唐桟(かわごえとうざん)会津木綿真岡(もうか)木綿三河木綿着物の着付け 着付けの順番とは?着つけ1:足袋をはいて、補正をする着つけ2:伊達締めを締める着つけ3:背中心を決め、衿や袖をそろえる着つけ4:裾の長さを決め、着物を打ち合わせる着つけ5:腰ひもを結んで、おはしょりを整える着つけ6:衿を整え、おはしょりの長さを調節する着つけ24:伊達締めをしめる紐類はまとめておく足袋は最初に半襟の合わせ方着丈を決めるポイントお太鼓の大きさを決めるポイント着物を着るときの下着着付けの下準備着物を着る前の準備(前日)ヘアメイクは着物を着る前にすます半衿の素材は?着付けに必要な小物。着物用のブラジャー肌襦袢肌襦袢の着方のポイント裾よけ裾よけの着付けのポイント長襦袢長襦袢の着方半衿ばち衿広衿伊達衿衿芯うそつき腰紐伊達締め帯板帯枕足袋足袋を選ぶポイント足袋を履くコツたびっくす着付けを覚えるには?着付けの本・DVDを見て覚える着付け教室に通ってみる母・友人に習う着物の着付けのポイントおしゃれ着の着付けのポイント留袖の着付け振袖の着付け七五三の着付け(三歳児)七五三の着付け(五歳児)七五三の着付け(七歳児)男性の着付け訪問着の着付けのポイント衣紋の抜き加減のポイント七五三やお宮参りの時のお母さんの着付け身長が高く太っている方の着物の着付けの基本身長が高く太っている方の着物の着付けの部分的ポイントやせている方の着物の着付けの基本やせていて身長が高い方の着物の着付けの部分的ポイントやせていて身長が低い方の着物の着付けの部分的ポイント着物を着付ける時の補整の部分的ポイント未婚の若い方(ミス)の着付け着物の着付けにかかる時間着物のコーディネート 着物のコーディネートのポイント着物の色は近い色でまとめる着物の色柄の組み合わせ無地の着物には何を合わせる?着物と半衿の合わせ方(色)着物と半衿の合わせ方(合わせ目)帯の高さを決めるポイント帯の幅を決めるポイントお太鼓の大きさ 着物の着崩れ 半衿が乱れたときおはしょりの乱れをなおす袂から長襦袢が出てきたとき着物のわきのあたりが出てきた衣紋がつまったとき帯が下がってきたとき裾がたれてきたときお太鼓の形が崩れたとき鼻緒がきつくて足が痛い 着物の手入れ 着物を長持ちさせるためにきれいな手でさわりましょう脱いだら陰干し着物のたたみ方着物にアイロンをかける着物のしまい方防虫剤には注意たとう紙帯のお手入れ着物に汚れがついた場合ファンデーションがついた場合汗じみがついた場合悉皆屋とは?洗い張り丸洗い着物を虫干しする 着物と帯のたたみ方 着物のたたみ方:本だたみ着物のたたみ方:夜着だたみ襦袢だたみ名古屋帯のたたみ方袋帯のたたみ方 着物の各部名称 身丈着丈裄(ゆき)肩幅衿肩あき衿先かけ衿袖丈袖幅袖付け袖口袖下袖山身八つ口衽(おくみ)衽先前身ごろ後ろ身ごろ八掛けおはしょり 着物の紋 着物の紋とは?着物の紋の種類着物の紋のつけ方着物の紋としきたり紋の入れ方染め抜き紋とは?縫い紋とは?刺繍紋とは? 着物の柄・帯の柄 着物の柄:総模様着物の柄:着尺模様着物の柄:小袖模様着物の柄:片身がわり着物の柄:慶長模様着物の柄:寛文模様着物の柄:元禄模様着物の柄:裾模様着物の柄:肩裾模様着物の柄:片寄模様帯の柄:お太鼓柄帯の柄:六通(ろくつう) 着物小物 着物小物とは?帯締め帯揚げ帯留め3分ひも根付髪飾りコートショール羽織道行草履下駄爪皮バッグ風呂敷着物小物の手入れとは?半衿の手入れ帯揚げの手入れ帯締めの手入れ草履・下駄の手入れバッグの手入れ足袋の洗い方着物を買う…その前にネットの着物ショップで買う、オークションで買う、骨董市で買う、呉服屋さんで買う、着物のリサイクルショップで買う、着物フリマで買う、着物を買う、ときの基本的な心構えとは?どういう目的で買う、のか決める着物に関する最低限の予備知識を調べる手持ちの着物や帯を合わせる普段から着物に関心をもち、数多く見ること不安なら友人や着物に詳しい方と総予算をチェックするアンティーク着物の買い方素材や汚れ具合を確かめる衿の汚れを確かめる身ごろの汚れを確かめる裾の汚れを確かめる帯の汚れを確かめる着物の大きさを確かめる着物のサイズを確かめる(身丈が短い)着物のサイズを確かめる(裄の長さ)手間と費用をかけていいかを考える。寸法を測る 寸法を正しく測る採寸する場所とは?おはしょりの長さを決める基準とは?裄の測りかたとは?ヒップの測り方とは?自分に合った寸法を知るコツとは?自分の寸法に合った着物=初心者向き 着物を着た時のマナー 着物を着た時のマナーとは?二の腕を出さない歩くときに裾を乱さない階段の上り下り座り方(正座)座り方(椅子)立ち方立ち姿トイレでの袖の扱い方車の乗り方訪問先では足元に気をつけて履物を脱ぐときお懐紙を使う着物を着てる時に下に落ちたものを拾う着物に関する仕事 和裁士になる和裁検定試験とは?和裁検定試験1級和裁検定試験2級和裁検定試験3級和裁検定試験22級 帯の種類 織りの帯と染めの帯半幅帯作り帯作り帯博多帯昼夜(ちゅうや)帯丸帯袋帯名古屋帯袋名古屋帯男帯兵児帯(へこおび)夏帯踊り帯 帯の各部名称 てたれお太鼓帯の結び方 お太鼓角出し太鼓二重太鼓ふくら雀文庫結び貝の口だらり

 

着物の種類や名称、柄、模様

 

着物の名称女物/着物各部の説明/男物、羽織の名称男物/女物、袴の名称男物/女物、袖の種類、着物の種類柄付、絵付の方法[刺繍]柄付、絵付の方法[箔置]柄付、絵付の方法[染め]織物について[織物組織]織物について[染め糸で織るもの(先染め)]織物について[染め下生地]織物について[盛夏の織物]織物について[柄、模様の種類-1.2.3]織物について[小袖の模様配置-1.17]、紋について紋の種類/紋所の数、由来でみるきもの用語、格付けについて着物を格付けすると/着物の格、帯の格、小物の格合わせ/喪服の格合わせ、着付のポイント礼装、おしゃれ着、喪服の着付ポイントと比較/太鼓結びについて、着物に関わる小物半衿、帯揚、帯締、足袋など、人生の祝祭儀式について着帯祝い〜結婚式、葬式など慶弔事帯結びをするために必要な事項、材質による種類、柄付による種類、形状による種類、帯の各部の名称丸帯/袋帯/わ、ワの違い/手とテ、垂とタレと垂れの相違/立て矢の向きは?、古典の帯結びヒダの基本立て矢系太鼓系文庫系新趣帯結びの変遷昭和50-55年(祭り/草の花/やまと/吉鳥/能/富士)昭和56-60年(うたごえ/星座/夢/舞/響)昭和61-平成2年(光/おとずれ/匠/元禄/彩)平成3-7年(花/じゅえる/香り/ことほぎ/ばんたん)平成8-12年(たびだち/みなも/かぜごよみ/しらべ/和心)平成13-31年(うるわし/いわれ/音のかたち/まほろば/いのり)新趣帯結びヒダ一覧、綾竹あやたけ、お七夜祝(命名祝)、畝あぜ、男の厄祝、有松絞ありまつしぼり、踊り帯、衣裳いしょう、帯、五つ紋いつつもん、帯揚おびあげ、糸目友禅いとめゆうぜん、帯締おびじめ、色留袖いろとめそで、帯留おびどめ、色無地いろむじ、帯枕おびまくら、後身頃うしろみごろ、御召おめし、打掛うちかけ、御召平おめしひら、馬乗袴うまのりばかま、織りの帯、藍型えーがた、女の厄祝、江戸小紋えどこもん、女紋、江戸中形えどちゅうがた、衿肩明きえりかたあき、扇おうぎ、お食い初祝おくいぞめいわい、貝の口、くじら帯、加賀紋かがもん、くずし紋、加賀友禅かがゆうぜん、組紐、描き友禅、慶長模様、額裏がくうら、下駄、角帯、剣先、襲色目かさねいろめ、纐纈、被衣かずき、高麗、型染、古稀の祝、帷子かたびら、石持(こくもち)、唐織からから、腰紐こしひも、間道かんとう、腰巻こしまき、寛文模様かんぶんもよう、御所解模様ごしょどきもよう、還暦の祝かんれきのいわい、五泉平ごせんひら、着丈きたけ、小袖こそで、亀甲、小裁こだち、喜の字の祝きのじのいわい、駒取り(駒縫い)、きょうけち、衣更ころもがえ、京絞、京紅型、京友禅、切り上げ、切りつけ紋(張りつけ紋)、桐の紋、切箔、霧吹き染、錦紗きんしゃ、金襴きんらん、銀襴ぎんらん、佐賀錦さがにしき、菅繍すがぬい、相良繍さがらぬい、すがら繍、刺子織さしこおり、砂子、差し友禅、摺箔すりはく、山辺里平さべりひら、成人式、三尺帯、仙台平せんだいひら、傘寿の祝さんじゅのいわい、全通、塩瀬しおぜ、草履、扱き帯しごきおび、削(殺)ぎ袖、七五三祝しちごさんいわい、袖丈、絞り紋しぼりもん、卒業式、紗しゃ、卒寿の祝そつじゅのいわい、斜文織しゃもんおり、染め抜き紋そめぬきもん、十三詣りじゅうさんまいり、染めの帯、繻子織しゅすおり、染袋帯、おしゃれ袋帯、襦袢じゅばん、染め分け、装束しょうぞく、染め分絞、上布じょうふ、ショール、新趣帯結び、太鼓柄、対丈ついたけ、高繍、つけ帯、伊達締、付下げ、伊達紋、辻が花、足袋、綴織、縮、袖、着帯祝、通し衿、茶屋辻染、振袖、中裁、緞子どんす、中振袖、昼夜帯、蝶結び、縮緬ちりめん、内記、人形、流し染め、縫い紋、長袴、抜き衣文ぬきえもん、名古屋帯、熨斗目模様のしめもよう、名護屋帯、のぞき紋、夏祭、斜子織、入学式、唄絞りばいしぼり、平繍ひらぬい、羽織、平袴ひらばかま、博多織、広衿、博多献上、紅型びんがた、博多平はかたひら、帛紗帯ふくさおび、袴、袋帯、箔押し、袋名古屋帯(八寸名古屋帯)、筥迫、普段着、ばち衿、米寿の祝、八掛はっかけ、兵児帯、八通、総箔(べたはく)、羽二重はぶたえ、棒衿、腹合わせ帯、訪問着、晴着、ぼかし染、半衿はんえり、ぼかし繍、半幅帯、星繍ほしぬい、左前ひだりまえ、細帯、匹田鹿子ひったかのこ、本裁ほんだち、単ひとえ、本袋帯、単帯、本振袖、一ツ身、一つ紋、比翼紋(二つ紋)、平打、平織、前身頃、揉箔もみはく、丸帯、紋織物、丸ぐけ、紋付羽織袴(色物一つ紋)、丸組、紋付羽織袴(黒羽二重五つ紋)、水引、水引の結び方、三ツ身、三つ紋、身八つ口、宮参り、結びきり、銘仙、名物裂めいぶつぎれ、もじり袖、喪服、八つ組、冠組、友禅染、四つ組、浴衣、羅、絽、面面繍、ろうけち、面面箔、六通、綸子、礼装、和服

 

着物には小紋と言う種類が有ります。小紋とは染め柄のこつを指していて、文字に表されちょる様に小さい文様が着物の布地全体に型染されちょるもんを指しています。型染めと言うのは型紙を使って生地に絵柄を染めていく事やっちゃが。型染めを使っちょる種類はどっさいあって、型友禅や江戸小紋と言った昔から親しまれちょる伝統的な物はもちろん、現代的な型染めの種類もあります。小紋は着用する機会が比較的多い着物で、ちっとしたつパーティーや結婚式の二次会、友人とのお出掛け等が有ります。舞台等を観劇する時にもよかと思います。以下に小紋の代表的な着物を紹介します。【型友禅】友禅染めと言われちょる中の一つで、型紙と写し糊を使用して作られます。型友禅じゃあ一色で染めるのじゃあなく、どっさいの色を使って染めていくので、出来上がりが華やかになります。ただ、型友禅を作るちは職人の類い稀なる技が必要やっちゃが。なぜなら型友禅じゃあ一色に対して一枚の型紙を使用して染めていくので、色を取り替える度に型紙を使わなければならん事、また下になっちょる柄に合わせなければならん事があんからやっちゃが。【江戸小紋】昔は小紋と言っよーねぇ江戸小紋のこつを指しちょると言われてちょった。小紋の名前のとおり、小さい紋を一色染めで仕上げた物で、江戸時代には武家の公服として使われちょった着物だじゃが。元々は自分の藩の紋を用いちょったのやっちゃがけんどん、色んな紋を使用するわーうになったじゃあで、細かい紋ほどげんか格調が高い紋とされちょったじゃが。